Falcon 細胞培養&細胞生物学製品 総合カタログ 86-87(88-89)

概要

  1. 細胞培養・アッセイシステム
  1. 86
  2. 87

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
86CorningLifeScienceswww.corning.com/jp/lifesciences内皮細胞培地キットコラーゲンIコート製品と組み合わせて使用することで標準法による細胞増殖に比べて血管内皮細胞の収量が30%増加します。5日間で細胞数は6倍に増加します。迅速増殖に最適化された培地キットw 5日間で細胞数が6倍に増加します。w 20%FBSを含む培地に比べ、細胞数が20∼30%増加します。w コンフルエントになるまでの時間が早く、作業時間と培地が節約できます。w 血清濃度が低い環境により、実験条件のコントロールを最大化できます。w Corning®BioCoat®コラーゲンIコート製品と組み合わせてご使用ください。プロトコールでは下記を提供します。w 標準化作業手順w 迅速なスタートアップアプリケーションw HUVEC(ヒト臍帯静脈)w HPAEC(ヒト肺動脈)w HAEC(ヒト大動脈)w FBHEC(ウシ胎児心臓)品質管理w ウシ胎児心臓内皮細胞(FBHECs)の増殖促進能を試験w すべての成分について細菌および真菌の陰性を確認w 内皮細胞培養培地、EGFおよびECGSについてはマイコプラズマ試験w 内皮細胞培養培地についてはエンドトキシン試験(LALアッセイ)保存内皮細胞培養培地(未添加)、EGFならびにECGSは2∼8℃、遮光条件で保存。添加後は、2∼8℃で保存。凍結は厳禁。HUVECにおよぼすBioCoatコラーゲンIコート製品と内皮細胞培地キットの組み合わせの作用細胞培養プラスチック(左):細胞培養プラスチック上、10%FBSを含む基本培地で5日間HUVECを増殖させると、増殖は散発的であった。BioCoatコラーゲンIコート製品(右):BioCoatコラーゲンIコート製品上で内皮細胞培地キットを利用し5日間増殖すると、コンフルエントな単層を形成し、数多くの分裂細胞が認められた。内皮細胞培地キット+BioCoatコラーゲンIコートT-75フラスコ内皮細胞培地キット低血清培地、培養添加物、増殖因子を含みます。さまざまな動物種、各種タイプの血管内皮細胞の培養に最適です。HUVECの増殖曲線5×105個のHUVECに20%FBSを添加した。添加しない基礎培地で培養面積75cm2のフラスコ内で培養した場合と培養した場合とで比較しました。*受注発注品です。ご注文いただいてからお届けするまでにお時間がかかります。あらかじめご了承ください。BBSE(牛海綿状脳症)の影響により、輸入が不安定になる場合があります。詳しくは、販売代理店もしくは弊社宛てにお問い合せください。カタログ番号入数(ケース)単価(円)内皮細胞培地キット355054*B内皮細胞培地キットは次のものを含みます。・内皮細胞培養培地-500mL・EGF-5µg・ECGS-100mg・トリプシン阻害剤-50mg・プロトコール一式1キット44,600関連製品CorningBioCoatコラーゲンIコート製品.............................................66細胞培養・アッセイシステム
右ページから抽出された内容
87CorningLifeScienceswww.corning.com/jp/lifesciences細胞培養・アッセイシステムHepato-STIM培地マトリゲル基底膜マトリックス製品と組み合わせて使用することで、最低3週間、肝臓特異的機能を維持しながら肝細胞を培養できます。マトリゲル基底膜マトリックスコート製品と組み合わせて使用することで、分化に最適化したシステムw 最低3週間、チトクロムP450(CYP1A1)のinvitroでの発現を維持します1。w C/EBPαの発現を回復させ、転写因子に対して迅速に増殖反応します2。C/EBPα:CCAAT/enhancerbindingprotein:転写因子で肝細胞や脂肪細胞が分化するときの指標w 肝細胞の球形化、クラスター化、極性化を促進します3。w 実験のばらつきを抑制するための無血清環境を提供します。w 最低3週間、肝細胞の生存を維持します1。w コラーゲンIゲルを使用した場合に比べて、肝臓特異的機能の研究を2倍も長く行なうことができます1。プロトコールw 標準化操作手順w 迅速なスタートアップアプリケーションHepato-STIM培地はマドリゲル基底膜マトリックスコート製品と組み合わせることで、次のことが可能です。w 細胞機能を維持した、無血清条件下長期間の肝臓細胞の培養w 各種アプリケーションのための生細胞のinvitroモデルを構築マトリゲル基底膜マトリックスは以下の研究への応用に適しています。w 遺伝子発現制御のメカニズム(例えばチトクロムP450)1,4-6w アルブミン発現7,8w 薬物代謝を含む代謝過程10w 天然の成分および薬剤の輸送システム11,12w 肝臓の薬物毒性12w 病気による肝機能の変化と障害13w ECMによる肝臓遺伝子および肝臓転写因子の制御7-9品質管理w ラット初代肝細胞の分化表現型維持能力を試験w Hepato-STIM培地とEGFについてはマイコプラズマ試験w Hepato-STIM培地についてはエンドトキシン(LALアッセイ)試験w すべての成分について細菌および真菌の陰性を確認保存Hepato-STIM培地ならびにEGFは2∼8℃で保存。EGF添加後、Hepato-STIM培地は、遮光下、2∼8℃で6週間安定。分化した肝細胞の長期培養のサポートにあわせた製品です。ホルモン、成長因子、明確な栄養素が添加された特別に調整された無血清培地とCorning®BioCoat®マトリゲル基底膜マトリックスコート製品を組み合わせてご使用ください。コラーゲンI添加培地でコラーゲンIコートプラスチック表面に2日間培養した肝細胞。細胞が平坦な形状であることに注目。コラーゲンIゲル添加培地でコラーゲンIゲルに2日間培養した肝細胞。平坦な細胞やクラスター化した細胞がないことに注目。マトリゲルマトリックスBioCoatマトリゲル基底膜マトリックスコート製品に2日間培養した肝細胞。球形細胞のクラスターに注目。細胞数(左)および蛍光アッセイにより測定したチトクロムP450活性(右)の変化。Hepato-STIM培地とBioCoatマトリゲル基底膜マトリックスコート製品とを組み合わせて使用した長期培養では細胞数とP450発現が維持されます。0125161380.51.01.52.01922マトリゲルマトリックスコラーゲンIコラーゲンゲル細胞数(×104)培養日数0125161380.20.40.60.8171922マトリゲルマトリックスコラーゲンIコラーゲンゲル蛍光培養日数細胞数およびチトクロムP450発現におよぼすECMの作用*受注発注品です。ご注文いただいてからお届けするまでにお時間がかかります。予めご了承ください。カタログ番号入数(ケース)単価(円)ケース単価(円)Hepato-STIM培地355056*Hepato-STIM培地セットは次のものを含みます。・Hepato-STIM肝細胞分化培地-500mL・EGF-5µg118,50018,500参考文献1.FlahertyPM,Mol.Cell.Biol.5:177a(1994).2.RanaB,etal.Mol.Cell.Biol.14(9):5858(1994).3.MoghePV,etal.Biomaterials17:373(1996).4.MatsushitaN,etal.Biosci.Biotech.Biochem.58(8):1514(1994).5.BrownSES,etal.Lab.Invest.73(6):818(1995).6.SchuetzEG,etal.J.Cell.Physiol.134:309(1988).7.NagakiM,etal.Biochem.Biophys.Res.Comm.210(1):38(1995).8.CaronJM,Mol.CellBiol.10(3):1239(1990).9.BlockGD,etal.J.CellBiol.132(6):1133(1996).10.KaneRE,etal.InVitroCell.Dev.Biol.27A:953(1991).11.MischoulonD,etal.J.Cell.Physiol.153:288(1992).12.SchuetzJDandSchuetzEG,CellGrowth&Diff.4:31(1993).13.BaumannH,InVitroCell.Dev.Biol.25:115(1989).

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

株式会社 EBS

IKAジャパン

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

株式会社テストー

三宝化成株式会社

ヤマト科学株式会社

株式会社ケー・エヌ・エフ・ジャパン

いつでもどこでもカタログを iCata