業務用冷凍冷蔵庫・製氷機総合カタログ 120-121(120-121)

概要

  1. 120
  2. 121

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
119FEクリーン水単相100V接地形単相200V受注生産FE-1U-10000【オ−ルインワンタイプ】FEアクアライザー【大型タイプ】オールインワン設計別置きタンク等は必要ありません。一時的な使用量が多い施設に最適複数の水栓で同時に使用することができます。酸添加方式によるpH調整が可能(オプション)中性〜弱酸性へ調整することができます。設置例給水バルブ減圧弁原水口FEクリーン水取水口HI-VP25HI-VP25原水水栓分岐配管HI-VP13A原水30ppm設定時最大生成量33トン/日FEアクアライザーT2030ppm設定時最大生成量57トン/日FEアクアライザーT5030ppm設定時最大生成量258トン/日FEアクアライザーT200●外形寸法: 本体:W650×D440×H1,420mm タンク架台:W1,200×D600×H870mm(タンク類含む)●製品質量: 本体:30kg タンク架台:130kg(タンク満水時・タンク類含む)●電源:単相100V 50/60Hz●消費電力:400W●最大生成量(24時間電解時)  30ppm換算 33.6m3/日  50ppm換算 20.2m3/日  80ppm換算 12.6m3/日 100ppm換算 10.1m3/日 200ppm換算  5.0m3/日●外形寸法: 本体:W650×D650×H1,460mm タンク架台:W1,200×D600×H990mm(タンク類含む)●製品質量: 本体:60kg タンク架台:330kg(タンク満水時・タンク類含む)●電源:単相100V 50/60Hz●消費電力:630W●最大生成量(24時間電解時)  30ppm換算 57.1m3/日  50ppm換算 34.3m3/日  80ppm換算 21.4m3/日 100ppm換算 17.1m3/日 200ppm換算  8.6m3/日●外形寸法: 本体:W760×D640×H1,560mm タンク架台:W1,500×D750×H1,210mm(タンク類含む) 次亜水タンク架台:W900×D900×H1,445mm●製品質量: 本体:120kg タンク架台:900kg(タンク満水時・タンク類含む) 次亜水タンク架台:570kg(タンク満水時・タンク類含む)●電源:単相200V50/60Hz●消費電力:2.4kW●最大生成量(24時間電解時)  30ppm換算 258.7m3/日  50ppm換算 155.2m3/日  80ppm換算  97.2m3/日 100ppm換算  77.6m3/日 200ppm換算  38.8m3/日〈設置例〉〈設置例〉〈設置例〉4406505512007704901420500551001200556502060200600350115019030650酸タンク食塩水タンク酸ポンプ軟水器1006501001200100218012006501006006002001400146019030800酸タンク食塩水タンク酸ポンプ軟水器90010076010015001009001007601500100100550750200150010014451560356088088019099030酸タンク食塩水タンク酸ポンプ電解次亜水ポンプ1000軟水器電解次亜水タンクFE-1U-10000●外形寸法:W1,000×D600×H1,790mm●製品質量:150kg(空質量)満水時約300kg●消費電力:500/500W●原水口:VP25●生成量:40ppm設定時 50L/分 10m3/日 60ppm設定時 50L/分 6.6m3/日 80ppm設定時 50L/分 5m3/日 100ppm設定時 50L/分 4m3/日 150ppm設定時 40L/分 2.6m3/日 200ppm設定時 30L/分 2m3/日大型厨房から食品工場まで対応可能な大型タイプご要望にあわせて最適な仕様へカスタマイズ必要な最大水量に合わせて設計塩素濃度計やpH計を取付可能酸添加方式にてpH調整可能(炭酸ガスによるpH調整にも対応)複数系統の配管へ異なる塩素濃度の電解水を吐水冷水や温水を接続可能生成能力:10t/日(40ppmの場合)生成能力:30t以上/日(30ppmの場合)
右ページから抽出された内容
120※搬入・据付及び廃棄費用は別途申し受けます。熱風式再加熱カートクックチルをさらに効率化クックチルの調理工程に組み込むことで、トレイメイク作業を前もって行う事ができ、作業の平準化を実現。※クックサーブの場合も温冷配膳車としても使用可能適温給食やセレクトメニュー対応再加熱後のスムーズな配膳による適温給食や事前調理によるセレクトメニューへの対応により、顧客満足度アップ。従来難しかったごはんや汁物の先盛りを可能にします。再加熱後にステーションからカートを外し、配膳することで効率的かつ衛生的に配膳できます。再加熱カート導入時の流れステーションにセット時間に合わせて加熱側のみカート内を自動再加熱。予冷を行っているカートにインサートをセットします。チルド状態のまま料理を盛付け、トレイメイクし、インサートへセット。26膳タイプステーション冷風と熱風をカート内へ強制循環。チルド保冷時は、カート内全体へ冷風を送り込み、再加熱時は片側のみ熱風を送り込みます。カートインサートを差し込んで使用。気密性の高い庫内で、冷風や熱風を逃さず効率的に保冷・再加熱。再加熱後はそのまま配膳できます。インサートトレイを乗せてカート内へ。出し入れ用の取手付きで別途ハンドルは不要。また、ラックと台車が一体型で台車用スペースも必要ありません。26膳タイプインサートをセット適温配膳とトレイメイク作業の平準化をサポートモデルチェンジによりカートの脱着がしやすくなりました!安全・安心の温度制御チルド保管中の低温保管や、再加熱時の温度制御を確実に行うことで、食の安全・安心をサポートします。QKN-100HL2-H26100450600128050199994019993030タッチパネルブレーカーカバー1000FEクリーン水/熱風式再加熱カートNEW

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

株式会社 EBS

IKAジャパン

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

株式会社テストー

三宝化成株式会社

ヤマト科学株式会社

いつでもどこでもカタログを iCata