近赤外分析計 N-500/NIRMaster 2-3(2-3)

概要

  1. 2
  2. 3

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
2近赤外分析計 NIRFlexN-500近赤外分析計NIRFlexN-500は安定性に優れた光学系を採用しています。実験室での使用に最適で、さまざまな測定オプションを利用できます。拡張性に優れたモジュール方式を採用しているため、測定オプションを必要に応じていつでも追加できます。農林水産省の認定取得機種<主な用途>食品、飼料、製薬、化学分野などにおける、実験室や品質管理室での使用に最適<特長>・拡張性に優れたモジュール方式・ファイバープローブの使用が可能・予備ランプ内蔵・標準物質によるバリデーションが可能・タッチパネル操作可能<測定方式>・拡散反射測定・透過反射測定・拡散透過測定・透過測定<仕様>NIRFlexN-500本体分光方式フーリエ変換方式(TeO2偏光干渉計)検出器InGaAs(ペルチェ温調)測定波長800-2500nm/12500-4000cm-1分解能8cm-1(測定間隔:4cm-1)波数正確性0.2cm-1スキャン数2スキャン/秒(最大4スキャン/秒)使用温度範囲5–35℃使用相対湿度31℃まで80%未満、35℃で67%未満平均ランプ寿命12,000時間(6,000時間2ランプ)コンピューター環境Windows11(64ビット)電源100-230V(50/60Hz)消費電力350W寸法(WDH)350450250mm 重量25kg<動画>医薬品化学における品質管理<動画>近赤外線のスイスアーミーナイフ
右ページから抽出された内容
3・見やすい操作画面(日本語表示)・測定許容値の設定が可能・測定値から計算された項目の表示にも対応・データ管理システムへの入出力に対応・21CFRPart11に対応・検量線自動最適化ツール・検量線移設用スペクトル変換ツール・45種類の豊富なスペクトル処理・モデル作成を補助する多彩なグラフィックス表示・2種類の判別アルゴリズム(SIMCA、Cluster)・3種類の定量アルゴリズム(MLR、PCR、PLS)NIRWareは、日常分析およびデータ管理を行うためのソフトウェアです。測定、結果確認、条件設定などを簡単に実行できます。データ解析を補助するための多彩なグラフィックスが提供されています。複雑なスペクトル処理をアイコン操作で簡単に実行できるとともに、処理後のスペクトルをプロット上ですぐに確認することができます。特許技術のCalibrationWizardを利用すると、最適な計算モデルを自動で作成することができます。測定およびデータ管理用ソフトウェアNIRWareケモメトリックスデータ解析用ソフトウェアNIRCal<定量例><判別例>

このページのトップへ

  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • カテゴリから検索

協賛企業一覧

日本ビュッヒ

東京理化器械

株式会社 EBS

IKAジャパン

GALILEI

AND 株式会社エー・アンド・デイ

SIBATA

HARIO

株式会社堀場アドバンスドテクノ

株式会社テストー

三宝化成株式会社

ヤマト科学株式会社

株式会社ケー・エヌ・エフ・ジャパン

いつでもどこでもカタログを iCata